ねぇ、首輪つけてHしよ ~ツンデレな彼女は変態娘でした~

既刊1巻

ねぇ、首輪つけてHしよ ~ツンデレな彼女は変態娘でした~

-
1,000
先生と教え子、伯父と姪。禁断で背徳の関係が、理性を狂わせる快楽と真正マゾの本能を目覚めさせていく――。家出(?)してきたイトコであり恋人の“ねむ”。両親公認の関係と言う事もあり自然と預かる事になる。卒業まではプラトニックな関係で……と当然釘を刺された上で……。ねむに同僚から預かっていたSM系のエロ本が見つかってしまう。「わたしと、してくれないのって……こういう趣味だから……?わたしとじゃ、普通のエッチしかできなさそうだから……!?」ねむは自分の鞄をあさり始めると、あろうことか首輪を差し出してきた。「わたしの首に、首輪付けてよっ……別に、わたしは付けたくないけど……!!この本の女の人みたいに、首輪、嵌めてよぉおっ……!!」だから俺も、仕方なしに首輪を受け取るしかなかった。俺が言うことをきいてやるまで、絶対にあきらめないから――。こうして憲太郎とねむの『首輪つき』な日々が始まる。誰かにバレたら2人の関係が終わっちゃう…。けど、その背徳感がさらに白昼堂々の快楽プレイをエスカレートして…!!授業中の連続絶頂、個室トイレでガン突きピストン、校内をリード付き散歩プレイ、etcetc...普通のセ●クスじゃもう満足できない――!?
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン