いとしの毛むくじゃら(1)

全6巻|完結

いとしの毛むくじゃら(1)

-
200
「この世界で生きる奴等からすればお前は『歩く全身恥部』にしか見えない」……ってどんな世界だよ!!!!!?他人よりもかなり、だいぶ、体毛が薄いことがコンプレックスな辻 慎一郎(フリーター)は、今日も今日とて自宅の風呂でつるつるな腕や股間を眺めては、友人らのからかいを思い出し凹んでいた。そうして目を閉じ、物思いにふけるなんていつものこと。今日もそうして日常は過ぎていくはずだった……のに!顔を上げるとそこは、異国の宮殿。目の前にたなびく艶やかな髪に目を奪われているとあっという間に囚われの身となってしまう。全くこちらを見ない王宮の者たちの中でただ一人慎一郎に声をかけ、触れるのは、一番末弟の王子・ファルだった。探るように触れる毛むくじゃらにいつしか身体は反応して……?褐色の獣人王子×感度抜群のパイパン男子異世界トリップ触りっこラブ。
カテゴリー
    めくって試し読み
    全6巻|完結

    編集部PICKUPシーン