眠る妹にこっそり挿入!「先っぽだけならナマでもいいよね…」(1)

全4巻|完結

眠る妹にこっそり挿入!「先っぽだけならナマでもいいよね…」(1)

-
200
「ナニをされても…私は寝てるから…イイよ…お兄ちゃん…」――――義理兄妹になって半年…まだうまく打ち解けていない哲行と瑠璃。ある日、瑠璃が居間に忘れたスマホを部屋に届けた哲行は、無防備に寝ている瑠璃を見てしまう。スカートからのぞく下着に目を奪われた哲行は「黙ってれば可愛いのにな」と太ももを撫でまわし、小ぶりな胸にしゃぶりつく。甘い吐息を漏らしほほを赤らめる瑠璃だが、それでも目覚めない。濡れたパンツを見た哲行は「寝てても濡れるんだな」と、びしょびしょのマ〇コに指をゆっくり差し入れする。十分濡れたマ〇コに固くなったチ〇コをあてがいゆっくりと突き入れると、寝ているはずの瑠璃からかすかに歓喜の声が…
カテゴリー
    めくって試し読み
    • 続きは本編でお楽しみください

    全4巻|完結

    編集部PICKUPシーン