時は、ヒトゲノムの解読が完了されて間もない頃。ドイツ・架空都市「ラウム」では、以前より視界に入るヒトを殺す理性を失った殺人鬼が出現していた。それは、ある特定のヒトが「ウイルスER」と呼ばれるものに感染し、身体の青銅化が起こることで突然変異したもの―。名を「青銅の怪物」という。2004年11月、ミヘン署総務部からラウム署刑事部殺人課への異動を命じられたノイエ・シュタルク巡査は、約3年ぶりにラウム市へ戻ることとなった。異動後すぐに、青銅の怪物を討伐する武器・ラールストを用いて、怪物に襲われていた少女を助けるのだが―。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン