シリーズ詳細

煙と蜜
作者
出版社KADOKAWA
ジャンル青年
花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作は、濃厚で芳醇な愛の物語。読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2020年7月31日12時25分

    人々が

    質素だけど丁寧に暮らしていた時代の
    ほのぼのしたお話です。
    不自由なことが逆に幸せに思えるのも
    殺伐とした現代に生きているからでしょうか。

    あの時代に生まれたかったなと
    ふと思ってしまうステキなお話です。
    続きが待ち遠しい。

  • ゲスト

    2020年7月16日17時18分

    大人の余裕vs少女の健気

    1巻を読んでから、2巻をこんなにも待ち侘びた漫画って、初めてかもしれません。
    タイトル通り、本巻も土屋文治さまの大人の余裕に、御本人は(恐らく‥)自覚の無い破壊力を持つ色気を爆裂させておりますが、それを受ける姫子ちゃんの幼気さ、健気さが、何とも初々しくて優しい気持ちになります。
    姫子ちゃん目線で描かれる優しく包容力のある文治さま、厳格な軍人、将校で描かれる土屋文治少佐とのギャップ。
    そんな文治さまの為に甲斐甲斐しく振る舞おうとする姫子ちゃんの健気さ
    時には、文治さまを困惑させてしまう姫子ちゃんの無垢さ。
    見所満載です!

  • おっつん

    2020年7月15日09時04分

    色気ありすぎますっ!

    姫子ちゃんが可愛いっ!文治さまがかっこいいっ!
    絵が綺麗だし、色気がありすぎて素敵なお話です。次巻が楽しみすぎるっ

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.