シリーズ詳細

煙と蜜
作者
出版社KADOKAWA
ジャンル青年
花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作は、濃厚で芳醇な愛の物語。読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2020年10月29日12時55分

    確かに色んな面で優れてはいるのでしょうけど。だけどですよ、ロリコンの域を出ないでしょ?素直に喜こべる?応援出来る?私にはわからないなぁ~。昔は幼い子供の結婚も多くあったようだが、男の欲望に都合よく出来てた世の中だっただけで制度が追いついてなかっただけでしょ?幼妻は早死にだったりすることが多かったり、色々と負担なんですよ。ん~とにかく納得いかないなぁ~水を差すようですが。

  • ゲスト

    2020年10月7日13時55分

    美しい話

    ずっと見ていたいお話です。
    時代背景的にはこれから戦争か?と勝手に暴走したりして、出来る漢が故に…とか妄想したりしたけど愛らしい嫁を幸せにして欲しいと切に願います。

  • ゲスト

    2020年9月3日16時22分

    もう
    とっても素敵…!

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.