ホームボーイズラブ
【単話】猫、22歳
【単話】猫、22歳

既刊1巻

【単話】猫、22歳

0.0
「これは、躾だからな?」ある日やってきたのは、ひとりの『猫』だった――小説家の昇平のもとに、姉が連れてきたのは22歳の甥・志朗。しかし、彼は四つんばいで歩き、猫用の皿からミルクを飲み、「にゃー」と鳴く。なんの前触れもなく「そう」なったという彼を預かることになった昇平だったが…。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン