ホーム少女・女性
君と一緒にいたのに、一人のときより淋しかった
君と一緒にいたのに、一人のときより淋しかった

既刊1巻

君と一緒にいたのに、一人のときより淋しかった

出版社
0.0
「試すことでしか、あなたの愛情を確かめる事ができない」 「いつか忘れてしまう 君といる今日が“いつか消える日常”であることを」 「もう戻れないならせめて もう一度誰かをこんな風に愛せますように」 切なくて苦しくて愛おしい恋愛感情を描いた、 イラストレーター・仔羊めえさんの 5組の男女の恋愛短編集。 ほぼ描き下ろし。
カテゴリー
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン