社内探偵(33)
最新刊

既刊35巻

社内探偵(33)

4.6
55
200
松原をはじめ企画部の女性陣はモヤついていた。同じ部内「飯田美和」の勤怠一挙手一投足が部内の空気をよどませ、さらには彼女を囲む男性陣の行動がそのモヤつきに拍車をかけていたのだ。「スカッとしたい…誰か何とかして!」限界に達し人事部へ向かった松原を出迎えたのは、ジト目で機関銃の如く早口でしゃべる女性…”社内探偵”こと「久我ありさ」だった―。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
  • 続きは本編でお楽しみください

既刊35巻

編集部PICKUPシーン