0パーセントの花束

既刊8巻

0パーセントの花束

出版社
-
大企業の社長である父と優秀な兄・航に劣等感を感じている巴は世話役の南雲と共に離れで生活をしていた。しかし、南雲は春から兄の秘書になることが決まっている。南雲への気落ちを押し殺し、一人で平気なふりをする巴と南雲の思いは交わらない。「出会わなければよかった」巴のその気持ちは本心かそれともーー。
カテゴリー
    既刊8巻

    編集部PICKUPシーン