生贄のお勤めは、

既刊1巻

生贄のお勤めは、

作者
4.9
16
「散歩したのか?俺以外のやつと」蛍の暮らす限界集落では10年に一度、生贄を犬神様に差し出す代わりに村は守られ繁栄するという犬神教が信じられていた。村は過疎化が進み、唯一の若者となった蛍は村を守るため生贄として犬神様のもとへ出向くことを決意する。しかし、犬神様は都内某所の高級タワーマンションに暮らすスケベで横暴な人嫌いで――。【描き下ろしあり】
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン