【“イヴの時間”のルール『当店内では…人間とアンドロイドの区別をしません』】未来、たぶん日本――。社会ではアンドロイドを“家電”として扱う事が一般化され、リクオの家にもまた、自家用ハウスロイドであるサミィがいた。ある日リクオと友人のマサキは、「アンドロイドと人間を区別しない」というルールを掲げた不思議な喫茶店「イヴの時間」に行き着く。そこには、アンドロイドと人間が織りなす、ほろ苦くも優しいストーリーが待っていた――。(C)Yasuhiro YOSHIURA/DIRECTIONS,Inc. (C)2010 YUUKI OHTA
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全3巻|完結

    編集部PICKUPシーン