既刊32巻

掃除屋K 25

120
作者
出版社
3.0
4
着実に復讐をこなしていくジンであったが、その身体はすでに限界が来ていた。網膜剥離を起こし、失明の危険を背負てもなお、彼は復讐の道を歩む。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    既刊32巻

    編集部PICKUPシーン