掃除屋K 21

既刊32巻

掃除屋K 21

120
作者
出版社
3.0
4
ジン達が投稿した動画により、世間では「犯罪者」掃除屋Kが「英雄」掃除屋Kへと変わり始めていた。そんな中、ユン記者は悩んでいた。  ミン室長から渡された「セフン国家情報院長収賄」の情報を記事にするのか、しないのか…そして、ある者達の言葉により決意を固める…
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    既刊32巻

    編集部PICKUPシーン