溺愛紳士梅田さん。

既刊12巻

溺愛紳士梅田さん。

4.8
5
「私の処女、貰ってくれませんか…?」田舎から上京し、仕事に恋愛に順風満帆な日々を送っていたさくら。しかし彼氏と初めての夜…「処女は重いわ」とあっさりフられてしまう。ショックを受け、街中をフラフラ歩いていると黒い壁に激突。顔を上げると、そこにはナイスミドルな『梅田さん』が立っていた。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊12巻

    編集部PICKUPシーン