ホーム少女・女性
ガラスの仮面
ガラスの仮面

既刊49巻

ガラスの仮面

4.5
6
港町、横浜の裏通りにある小さな中華料理店で住み込みで働く母親と暮らす、13歳の少女、北島マヤ。美少女でもなく成績も普通の平凡なマヤの眼の奥には、激しく燃えるような炎がくすぶっていた。映画やテレビのドラマに夢中になってしまうマヤは、今日も出前の途中で映画を覗き見し怒られる。そんなマヤを見た謎の女性から、あなたのような千の仮面を持つ少女を探していたと…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊49巻

    編集部PICKUPシーン