ホーム少年・青年
ミナミの帝王

全161巻|完結

ミナミの帝王 87

524
3.8
4
妻・加菜子(かなこ)が黒岩(くろいわ)に借りたという3億円の借用書。実印を使われてその保証人となっていた富永(とみなが)は、萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)が紹介した弁護士・小畑(こはた)とともに、ハンコ至上主義の難しい裁判を闘うことに。そして、裁判で加菜子から富永が印鑑を押したと証言されたことで、富永は絶望的状況に立たされてしまう。しかし萬田は、100%勝てると言い出して……!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全161巻|完結

    編集部PICKUPシーン