ホーム少年・青年
ミナミの帝王

全161巻|完結

ミナミの帝王 76

505
3.8
4
経済心理学者・花森(はなもり)は、セミナーに参加して彼の危険性を説いた萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)さえも利用して、市川(いちかわ)をはじめとした商店街の店主達から徹底的に絞り取って100億円をせしめる。一方、面目を潰された萬田は、花森を陥れることを計画して、愛釜地区で呑んだくれていた男・三日月(みかづき)に声をかけるが……!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全161巻|完結

    編集部PICKUPシーン