ミナミの帝王 62

全168巻|完結

ミナミの帝王 62

3.8
4
495
萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)の舎弟・竜一(りゅういち)の恩師であり、定年退職を迎えた高校教師・乾(いぬい)。すべての生徒を完成品として世に送り出した乾は、かつて不良学生・啓介(けいすけ)の身元保証書を書いて、夕陽ヶ丘ホームに就職させていた。それから8年後、経営難となった夕陽ヶ丘ホームの社長はその保証書を利用して、乾から二千万円を巻き上げようとして……!?
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
全168巻|完結

編集部PICKUPシーン