ホーム少年・青年
ミナミの帝王

全161巻|完結

ミナミの帝王 60

495
3.8
4
親友である弁護士の島本(しまもと)から裏切られた斎藤(さいとう)は、包丁を持って島本に会いに行く。一方、斎藤の窮状を知った萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)は、斎藤の妻・晴美(はるみ)に、いっそ別れるか、とことん彼に付いていくか、覚悟を決めさせる。そして、斎藤は島本の前で包丁を出すが、それは島本を刺し殺すためではなく……!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全161巻|完結

    編集部PICKUPシーン