ホーム少年・青年
ミナミの帝王

全161巻|完結

ミナミの帝王 21

495
3.8
4
ミナミでノミ屋サロンを10軒持つ明崎(あけざき)のせいで、かなりの損害を負わされた萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)。萬田はノミ屋殺しをかけると言って、明崎のサロンに乗り込んで馬券を買う。そして萬田は、一千万円を一点買いして見事に的中させるが、はずれたと言い張ってノミ屋に配当金を返すという謎の行動を……!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全161巻|完結

    編集部PICKUPシーン