ミナミの帝王 18

全168巻|完結

ミナミの帝王 18

3.8
4
495
ひとりだけで残業させられた女性社員・中西光子(なかにし・みつこ)は、セクハラ社長・牧原(まきはら)からレイプされそうになって、彼の頭を殴りつけてしまう。その治療代と慰謝料に300万円を払うか、社長の愛人になるかを迫られた光子は、道端で声をかけてきた萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)に金を貸して欲しいと相談するが……!?
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
全168巻|完結

編集部PICKUPシーン