琥珀色の恋

全1巻|完結

琥珀色の恋

5.0
1
ある日、千都(ちづ)がいつものように勤め先の喫茶店に行くと閉店していた。 店の前で呆然とする千都を助けてくれたのは、常連だった新條さん。 「君の淹れるコーヒーは旨いから」と自分の弁護士事務所でしばらくバイトさせてくれることに。 新條の厚意にいつまでも甘えちゃいけないと思いながらも、秘かに片想いをしていた彼の元で働けるのは嬉しくて…。 表題作ほかときめきいっぱいの短編集!
カテゴリー
    めくって試し読み
    • 続きは本編でお楽しみください

    全1巻|完結

    編集部PICKUPシーン