シリーズ詳細

いいトシして恋だの愛だのバカみたいなわたしたち
作者
出版社小学館
掲載誌プチコミック
ジャンル女性
ああもう、いいトシしてこんな恋するなんて

知らないうちに誰かが誰かに恋をして、
誰かが誰かに涙している。
……いいトシして、そんな恋、してますか?

「大大大大ピンチ!!!!」。大事なメモをなくしたOLの愛菜(まな)。そのメモは、彼女(ら)と彼(ら)の人生を変えるもので…!

男のような手がコンプレックスな遥香(はるか)。仕事相手の偏屈なガラス職人に衝撃的な条件を出されて…!?

バツイチなのに、まさかの処女(!?)な凛(りん)。元・旦那への言えない気持ちを抱える彼女は…。

表題作のほか、「愛しさって、ちょっとふしだら」、「愛しさって、たぶんふしだら」、「花は短し恋せよ吐息」、の様々な恋のかたちを描く短編4編のほか、大人気作「せいせいするほど、愛してる」の番外編も収録。

恋愛まんがの神様、北川みゆきが贈る、珠玉の短編集♪

みんなのレビュー

  • めぐ

    2019年3月5日16時41分

    「せいせいするほど」のおまけと、最後の話はよかったけど、他は買ってまで、、、と思った。
    実際、最後を読むまで面白くないなぁと思ってしまった、、、

  • ゲスト

    2019年3月5日03時28分

    他の方のレビューにうんうんと頷いてしまいました。
    北川先生は本当に綺麗な絵、巧みな展開で漫画を描かれますが、印象に残るものが意外と少ない気がします。
    (でもものすごい量のお話描かれてるのは本当にすごい)

    近頃とても気になるのが、無理して若い女性を描こうとしているところ。違和感があって読んでて痛々しくなるときがあります。先生の癖か、台詞でよく「~なンだ☆」みたいな言い回しがありますが、カタカナの「ん」とか語尾の「☆」とか、かえって古臭く感じます。私だけかなぁ。
    別の作品ですが「女子る」って言葉には心底引いてしまいました。

  • ゲスト

    2018年9月24日06時04分

    なんか…

    絵も綺麗、お話もステキ、なのに北川作品はいつもスルッと読めて感動も何も残らない。
    心に何も残らないから印象がないんですよね。。。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品