ホーム少女・女性
今、きみを救いたい
今、きみを救いたい : 10

既刊11巻

今、きみを救いたい : 10

400
2.5
22
紅美と暗(あん)の間に出来た赤ちゃんは、仮死状態で生まれたものの、無事だった。小さな命を目の当たりにして逃げようとしていた暗は我が身を振り返る。 一方、白帆は青矢がアパートに来ることを心待ちにして、準備を進めるも青矢は父親に呼び出され、来られなくなる。がっかりする白帆。作ったケーキを携え、隣人のましろの部屋を訪れる。 しかし、すでに客人がいた。それはましろが1週間前に出会ったばかりの彼氏だという。遠慮して帰る白帆が会うことはなかったが、その彼氏とは路考だった。 部屋に帰った白帆は青矢が来られなくなったものの、新婚のようにわくわくしている自分に驚く。自分が強くなったと自信が持てるまで待ってもらっているが、意地を張る必要はないのではと思う。 青矢と支えあい、青矢のそばで強くなっていきたい。もしも、今度プロポーズをされたら、イエスと返事をすることを心に誓うのだった。 しかし、プロポーズの言葉を青矢の口から聞くことは二度となかった―――。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    既刊11巻

    編集部PICKUPシーン