既刊(1-7巻 最新刊)

の、ような。

4.9
111
それは人生の劇的変化…。一人暮らしの希夏帆の前に恋人・愁人が連れてきた二人の少年。二人は愁人の親戚で両親を失ったばかりの兄弟だという。希夏帆の家で生真面目な中学2年生の冬真、天真爛漫な5歳の春陽、そして愁人の4人は同居生活をすることに。戸惑う日々の中、彼らの新たな関係が始まる――。

の、ような。の巻一覧

既刊7巻
1 / 1

通知管理

通知管理を見る

の、ような。の作品情報

あらすじ

それは人生の劇的変化…。一人暮らしの希夏帆の前に恋人・愁人が連れてきた二人の少年。二人は愁人の親戚で両親を失ったばかりの兄弟だという。希夏帆の家で生真面目な中学2年生の冬真、天真爛漫な5歳の春陽、そして愁人の4人は同居生活をすることに。戸惑う日々の中、彼らの新たな関係が始まる――。

の、ような。のレビュー

  • avatar
    m m
    5.0

    希夏帆さんが偉すぎる

    希夏帆さんが偉すぎる
    冬真はしっかりしていてと春陽はかわいくて素直でとてもいい子
    嫌な人も出てくるけど、何とかなってしまうのがすごい
    2024/01/04
  • avatar
    ブドウさん
    3.0
    話は面白いのですが、出てくる中学生がまっっっっったく中学生に見えないです。作画的な意味で。
    ギリ高校生、下手したら大学生くらいに見えます。
    言動が大人っぽい分、中学生と言われても余計に違和感がありました。
    2023/11/20
  • avatar
    モモさん
    5.0
    とにかく面白いです。冷たいようでめちゃくちゃ暖かい、他人に媚びない様がカッコいい
    2023/09/28
  • avatar
    ブドウさん
    5.0

    読み返してしまう

    当たり前のようで当たり前でなくなってきている事をキナホがハッキリ言う所が清々しい。
    ありがとうとごめんなさいの違いを
    箸の使い方より知らない人が多いと気付かされた。
    他にも文句と悪口の違いや我儘と遠慮の微妙な関係など真正直に生きる難しさを感じる。
    2023/06/29
  • avatar
    リンゴさん
    5.0

    それぞれの立ち位置がはっきりしていて分かりやすい

    皆が少しずつ遠慮して、子どもでもわがままも無くて理想的なステップファミリーの話です。
    キナコの他者を尊重しつつ自分の考えを語れる性格がとても素敵。星5は彼女の魅力です。

    難を言えば、冬馬の友人と愁人の友人の顔と髪色が被るのと、中年男性のデッサンが二通りしかないのが惜しい。
    2023/06/28