天保桃色水滸伝(1)

既刊4巻

天保桃色水滸伝(1)

5.0
3
600
武士を隠居して絵師となった杉孫六は、亡き息子の妻・加津を伴いえちごから江戸へ出てきた。義理の親子であるこの二人は、色々あって男女の仲に── さらに長屋の住人らも加わって、淫らな欲望の糸が複雑に絡まっていく……!!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊4巻

編集部PICKUPシーン