読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

小牧は普通の高校生。ある日、知らない男の子が自分の中に入ってくる不思議な夢を見る。そして目が覚めると、謎の声が聞こえたり、嗅覚がとても鋭くなっていて…!?

公式レビュー

  • ある日脳に宇宙人(?)が入り込み、嗅覚が鋭くなってしまった主人公の小牧。なんと、特に“発情”の匂いがわかるようになります。
    他にも同じように聴覚や触覚などが鋭くなってしまった仲間ができるのですが、発情や恋、嘘の匂いに敏感になって、彼女自身の気持ちも成長していきます。
    “性”がテーマのSFチックな内容ですが、いやらしくなく、“どうしようもない感情”について考えさせられる作品。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年5月2日22時51分

    不思議な内容

    今まで読んだことがない内容でした。
    途中を読むのは悩みますが、1〜3巻と最終巻はおすすめします。
    なぜ感覚か強くなったのか、その目的は何なのか、最後はどう終わらせるつもりなのか、
    最近の漫画はストーリー性がなくてがっかりする作品が多い中、この作品はそんなことはなくワクワクしながら読み進めることができました。
    話の展開は日常を過ごすだけなんですが、超能力ではないけど不思議な力とともに過ごしていくといった感じです。
    この先生の他の作品も読んでみたいと思いました。

  • ゲスト

    2019年4月26日19時44分

    絵がイマイチだけど面白い!

    絵がなんと言うかあまり上手いとは言えないので最初はありがちな薄っぺらい恋愛ストーリーかとちょっと馬鹿にしてた。
    けど違った、なかなかどうして捻りがあって読み応えある面白い話だった。
    良い方向に裏切られるのは嬉しい。
    もっとも、それだけに画力の無さが残念過ぎるけど。

  • カナ

    2018年10月28日13時07分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品