文学処女

全11巻|完結

文学処女

4.0
41
恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。文芸編集部の月白鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。しかし、ひとまわり以上も年上の人気小説家・加賀屋朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していき…【コミックス限定】望月と鹿子の出会いを描いた番外編14ページ収録
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    全11巻|完結

    編集部PICKUPシーン