シリーズ詳細

市橋智、23歳。自転車メール便の集配スタッフをしている。仕事終わりに恋人からのLINE。今夜、ホテルのバーで待ち合わせだ。LINEの返信をしている時、来客があった。大手紳士服メーカーAIKAWAの営業が、直接俺と話がしたいと社に来たのだ。AIKAWAと言えば大口の取引先だ。俺、なんかヘマしたっけ…?応接室に入ると、俺と同い年くらいの若い男が待っていた。「市橋智さん、梶行也という名前に聞き覚えがありますね?俺は梶の息子です。親父と別れて欲しいんです、今すぐ」……。俺は今まで何人かのオッサンと付き合った事があるが、息子が乗り込んで来るパターンは今回が初めてだ…。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年5月26日03時10分

    息子そこまでやるか?!

    親父(受)と愛人(攻)を別れさせたいからとそこまでするか?!ファザコンかまさかの愛人に惚れてるのを自覚無しなのか?!はやく続き読みたいです。

  • townphase49

    2019年4月6日05時53分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品