運命がほほえむ日

既刊1巻

運命がほほえむ日

0.0
通訳のアレックスは急な仕事の依頼を受けたが、依頼主マックスの傲慢な態度に言葉を失った。仕事には自信があるものの、依頼主のマックスが求めるのは語学力より社交の場でも通用するような容姿と身なりだった。マックスは彼女を値踏みしたあげくにゴージャスな女性に変身するよう強要する。アレックスは会社のためにしぶしぶ要求に従った。なのに彼はたたみかけるように言い放った。「僕に逆らわないことだ。ことに僕が上機嫌なときはね」どこまで傲慢な人なの!?
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン