シリーズ詳細

大店の一人息子の若旦那が、急な病で寝込んでしまった。高名な医者に診てもらうと、心の病だから、悩みの原因を取り除けば回復すると言う。ところが父親が理由を聞いても、「言っても仕方がありません…」と若旦那は青白く痩せ細っていくばかり。藁にもすがる思いで植木職人の松五郎に聞き出してもらうと、若旦那の望みは「…みかんが食べたい」。なんだそんなことかと思った松五郎は、「おいらが買ってきますよ!」と安請け合い。ところが、今は夏真っ盛り。みかんなんて、どこにも売っていない……。若旦那の命を繋ぐみかんは手に入るのか!? みかんが恋しくて伏せってしまった若旦那を救うため、必死でみかんを探す植木職人の奔走劇。劇作家・わかぎゑふによる一席を、どうぞお楽しみください。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品