シリーズ詳細

決して仲のいい母娘じゃなかった。だからこそ、今、お母さんに伝えたいことがある――。余命宣告、実家の処分、お墓や遺影のこと、最後の旅行、そして緩和ケア病棟へ。「母の死」を真正面から描いた、涙なしでは読めないコミックエッセイ。***「すい臓のほうに何かあるって」。大阪で暮らす姉から、エネルギッシュで毒舌でコワモテの美人の母が、余命1年のすい臓がんだと告げられた。釧路で一人暮らしをしていた母は、看護師をしている姉の元へ身を寄せ、通院と治療が始まった。抗がん剤の副作用や痛みに気分が浮き沈みし、母のイライラは最高潮。心はガチガチに閉じていて。余命宣告、実家の処分、お墓や遺影のこと、家族総出の最後の旅行、そして、緩和ケア病棟へ。誰もが経験する大切な人との別れは、想像と違うことばかり……。決して仲のいい母娘じゃなかったかもしれないけれど、だからこそ、今、お母さんに伝えたいことがある――。思わず「お母さん」ってつぶやきたくなるコミックエッセイです。

マンガレビュー公式レビュー

  • 著者・瀧波先生による、母親の闘病エッセイ。
    ワガママで美しく強靭であった母に癌が発覚。信じられない気持ちをよそに、病状は着実に悪くなっていきます。
    そんな中、良好ではなかった母親との関係を嫌でも見直すことになり、自身を消耗しながらも一つずつ納得していく先生。
    「近しい人の死」に向き合うつらさがリアルに描かれています。
    大半の人が経験するであろう親の死。涙なしでは読めない作品です。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品