シリーズ詳細

映画化作品「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。

マンガレビュー公式レビュー

  • 映画版も大変な話題となった戦争マンガの大傑作です。
    このマンガの最大の特徴は、食料も物資も不足していた戦時下の庶民の生活を、微に入り細をうがって描ききったところ。
    そんな本作に登場するのが「楠公飯」というご飯。
    これはお米に水を通常以上にたっぷり吸わせ、膨らませて炊いたものなのですが、とにかくかさは増えるものの、味はというと……。
    たとえ戦時下においても、主人公・すずはたくましく、そしてできる限り楽しく日々の生活を送ろうとします。
    そこに私は人間が本来持つ「強さ」を垣間見て、感動するのです。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品