わたしはシズク

既刊1巻

わたしはシズク

作者
出版社
-
一般庶民でも気軽に人型ロボットが購入できる時代、和泉(いずみ)少年の家にやって来たロボットは人間と見間違う程、精巧に作られた可愛いらしい美少女ロボット「シズク」であった。 工学者の父親が新型AIの開発の一環として作ったシズクは、人間と同様に経験と学習で自我を形成していくというのだ。 経験型AIを搭載したシズクはまだまだ赤ん坊状態で全ての行動がぎこちない。 これから社会に出て成長する為に和泉とその父親と三人で生活をし、シズクを育てていくことになるのだが…。 そんなある日の深夜、父親の部屋から明かりが漏れている事に気がつく。 好奇心からそっと部屋の中を覗き込んだ和泉が見たのは、父親とシズクとのとんでもない光景であった…!! まさかロボットと人間があんなコトをするなんて…? ロボットと人間との甘く切ない恋愛感情を情緒的かつ緻密に描いた海野螢のSF長編ストーリー決定版!
カテゴリー
    めくって試し読み
    • 続きは本編でお楽しみください

    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン