シリーズ詳細

キャリーは自分の目を疑った。“君とは結婚できない”ロバートからの手紙にはそう書いてある。どうして結婚式の当日になって…。――私は捨てられたのだ。町中の笑いものになってしまう。キャリーはウエディングドレスの裾を翻し、教会から逃げ出した。そのとき、彼女の天敵ウィルが現れた。義兄で画廊のオーナーをしている彼はいつも彼女に口うるさく干渉してくる。よりによってウィルに見つかるなんて…そう思った矢先、「僕と一緒に来い」と強引に連れだされ!?

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品