シリーズ詳細

秘書のジェイミーは、デスクに届けられた薔薇の花束に喜びを隠せなかった。ついに私にもロマンスが訪れたんだわ! けれど、彼女には薔薇の送り主である“ひそかな崇拝者”に心当たりはない。もしかしてマイケル? しかし、仕事人間のボスがこんな気の利いたことするかしら。ちょうどやってきたマイケルいわく、たぶん彼の共同経営者からの求愛だという。ふたりを応援すると言う彼を、ジェイミーは切ない思いで見つめた。本当はあなたに振り向いてもらいたいのに――!

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品