プリンス・ノワール(1)

全5巻|完結

プリンス・ノワール(1)

5.0
6
100
「身体が覚えてることもあるだろ…お前が思い出させてやれ」若くして徳江組の二代目組長となった工は、襲名して早々事故に遭い、記憶が小学生まで退行してしまう。それにより性への知識も真っさらになってしまったが、元より“オンナ”役も務めていた若頭・勝瀬が奉仕してやると、工もその身体を貪るようになった。勝瀬は内外に記憶退行の事実が漏れないよう組長としての仕事を支える中で、出会った頃からすでに影を背負っていた工の、本来の明るさを垣間みる。しかしその人が変わったような違和感に、組内の対立派閥も気づき始め――。中身は“子ども”の組長と、その“オンナ”の若頭。すべての欲が絡み合う、究極の主従ラブ!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全5巻|完結

    編集部PICKUPシーン