シリーズ詳細

不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~(分冊版)
作者
出版社ぶんか社
掲載誌ぶんか社コミックス
ジャンル女性
10年間に及ぶ不妊治療の末、最後に選んだのは「ふたりで生きていく」こと。突然の子宮内膜症手術、度重なる人工授精、流産……。どんなに辛い時も、ふたりで上を向いて歩いてきた――。手塚治虫の愛弟子・堀田あきおと妻・かよが今、日本に“夫婦の絆”を問いかける――!! 今年一番泣けるコミックエッセイ!!

みんなのレビュー

  • shiwawaseyoga

    2019年9月7日01時06分

    正直で、まっすぐで。

    とても重くて辛い時期でも、笑いと明るさを忘れず、お二人の絆の強さをみました。不妊治療の方法と流れ、たくさんの病院の対策や対応、世間の評価や常識。口の悪いアキオさん(時にカッコいい!)と、まっすぐで一生懸命なカヨさんと、共に、泣いたり笑ったり怒ったりしながら、一気に読みました。子供がいてもいなくても、こんなにも深く繋がり合い、励まし合い、いろんな時期を乗り越えて、仲良しでいられる夫婦って、そんなにたくさんいるのかな?って思うと、夫婦としていられたことも、奇跡なんだなって感じました。
    あ〜〜読めてよかった一冊です。

  • ゲスト

    2018年1月4日02時48分

    無料お試しで1巻目を読んで、気になって2巻目読んだけど、まぁ、全巻買うほどではないのかなーと思って2巻目でやめてしまった。

    でも、話は気になるからもしかしたら、いずれ買うかもしれないなぁ。

  • ゲスト

    2017年12月26日18時08分

    泣けました。

    不妊治療の精神的・身体的・経済的な苦労が、さらりと描かれているので、同じ悩みを持つ者として暗い気持ちにならずに読めました。治療中も治療をやめた後もこの夫婦の絆が素敵です。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • 親の介護、はじまりました。(分冊版) 【第1話】
    親の介護、はじまりました。(分冊版) 【第1話】
  • 親の介護、10年め日記。(分冊版) 【第1話】
    親の介護、10年め日記。(分冊版) 【第1話】
  • 不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~
    不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~
  • 本当にあった笑える話2019年5月号
    本当にあった笑える話2019年5月号
  • ごほうび食堂ふわふわたまご♪
    ごほうび食堂ふわふわたまご♪
  • 親の介護、10年め日記。
    親の介護、10年め日記。
  • めしざんまい喫茶店のメニュー
    めしざんまい喫茶店のメニュー