既刊24巻

女帝 18巻

400
4.6
100
芸能プロダクションの力を使って、若い女の子を銀座の店に送り込み、客を奪っていくのがみどりの戦略だった。彩香に憧れて店に入ってきた沙也が、スパイの誤解を受けて、一時は去ることに。しかし「碧」では、店に関わる三つのヤクザ組織の確執が表面化し、発砲事件が起こった。巻き添えを食ったみどりは死亡。ヤクザ同士の大きな抗争になるかと思われたが、彩香が大翔組を動かして早急に決着させた。彩香の「女帝」伝説が、またひとつ…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊24巻

    編集部PICKUPシーン