日に流れて橋に行く 6

既刊7巻

日に流れて橋に行く 6

出版社:
5.0
37
646
【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】虎三郎と鷹頭は、カタログ製作のために時子がコーディネイトした新時代の女性を、新作小説の題材にしてもらうべく白石辰春のもとを訪れ――。 圧倒的な資金不足に陥りながらも次々と新規事業を推し進める虎三郎。その身を案じる五百雀(いおさき)のもとに三つ星を離れた元番頭・藤村から思わぬ提案が持ち込まれ……。心揺れる五百雀が下した決断とは!?
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊7巻

編集部PICKUPシーン