シリーズ詳細

▼第1話/夜が光り、門が開く。▼第2話/記憶の隅に身をひそめて育つ愛。▼第3話/サトシ君の死と生。▼第4話/黒田と留美の譲れない夜。[前編]▼第5話/黒田と留美の譲れない夜。[後編]▼第6話/夜の街のノート。▼第7話/軽い1千万円。▼第8話/警察官になる理由。●主な登場人物/紅谷留美(東都警察署刑事課に配属された女性刑事。一人の男の子を持つ未亡人)、黒田勘太(警部補。東都警察署の刑事で、留美と組んでいる)●あらすじ/死んだ夫のあとを受け、念願の刑事となった紅谷留美。彼女が配属された東都警察署は、“羅生門”の異名を持ついわくつきの署だった。赴任早々、警察署の前でオデン屋を営む刑事課長・吉見や、そのオデン屋で食い逃げを働く警部補・黒田など、タダモノでない男たちが留美を迎える。翌日、コンビを組む黒田と共に、窃盗事件の現場へ出向いた留美は……(第1話)。●その他の登場人物/吉見(東都警察署刑事課長)、紅谷陽平(留美の息子)

マンガレビュー公式レビュー

  • 3年前に亡くなった夫と同じ警察官になった紅谷留美が配属されたのはいわくつきの「羅生門」と呼ばれる部署。
    屋台のおでん屋を経営する課長や人相の悪いガサツな上司・黒田など、クセの強い人間ばかりが配属されています。加害者の事情や立場もしっかりと描かれ、犯罪は”人”が犯すものだと再確認させられるほど。
    善悪について問われているようにも感じます。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品