シリーズ詳細

「誰かがパパを殺そうとしているんだ」あどけない少年の口から出た物騒な言葉に驚き、探偵アリーは事情を探るため、その父親ジェイクに会うことにした。しかし高層ビルにある広いオフィスでいざ対峙すると、アリーは思わず息を飲んだ。輝くブロンドにたくましい体、そして官能的な琥珀色の瞳…。いけない、これは仕事よ。彼女が話を切りだしたとたん、ジェイクはけんもほろろにつっぱねた。「出ていってくれ」。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品