時の足音

既刊1巻

時の足音

0.0
わたしが3才のとき、彼・小田島崇史は兄になった。母が再婚したからだ。それから、わたしの世界の中心にはいつも兄がいた。その兄が、あと半年で死ぬ……。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン