シリーズ詳細

「兄ちゃん、あたしも来年で二十五よ。いつまであたしを縛っておく気?」事故で両親を亡くし、中学にもまともに行かずに働いて妹・洋子を育てた信。自分の幸せを捨てて妹のために生きる兄と、そんな兄にこそ幸せになってほしいと願う妹。大切だからこそ他人に妹を奪われたくない…そんな兄の気持ちを痛いほどわかっていたからこそ、いままで自分の恋をあきらめていた洋子だが、ついに上司のプロポーズを受けることを兄に伝え…(「哀しい人々」)。社会の片隅で懸命に生きる人々の姿を哀感を込めて叙情豊かに描き出す、あすなひろし珠玉の短編集。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品