シリーズ詳細

お腹の小さな命とともに残されたスーザンは、悲しみと混乱に包まれていた。保安官の夫が殉職してしまったのだ。そんな彼女を支えたのは夫の親友であり…子供のできない体質の夫に代わり、精子を提供してくれたハンク。彼は「結婚しない、子供ももたない」と決めていたため、結婚を夢みていたスーザンは密かな愛を封じていたのだ。だが彼がFBIを休職し保安官として故郷に留まると知り、スーザンは戸惑った。これ以上一緒にいたら、また彼に強く惹かれてしまうわ…!
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品