シリーズ詳細

誕生日のお祝いに、祖父母から美しいアンティークの鏡を送られた葵。「わたしは自分の姿が好き」。鏡に映る自分につぶやく。午前零時…違和感は、その時刻に映し出された。気付きさえしなければ…。まさかそれが、延々と続く苦悩と恐怖のはじまりだったなんて!! 「誰かお願い…午前零時の鏡を見て…!」

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品