シリーズ詳細

霊や妖、他の人に見えないものを視、聞えない声を聞く美少年、御子柴要(みこしばかなめ)は、女装が似合い、いつも不機嫌。ある日突然「黄昏堂」の店主に指名されてしまう。人間よりも妖の店の多い黄昏 横丁の住人の望みは自分の庭を立派に甦らせること。どうやら店主の仕事は、庭仕事らしい? 窓の向こうの庭にいるものは? 妖怪満載お気楽ファンタジー!

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品