シリーズ詳細

美洞の血を引く三代目は俺だ。俺がこの組、背負ってやるよ。美洞大和に出会った日も雨が降っていた――。若頭息子の由紀夫は、組長息子の大和から組長の命が長くないことを聞く。「親父さんのじゃねえ、俺は大和の盃が欲しい」高校生ながらも覚悟を背負った大和に惚れこんだ由紀夫は、大和とままごとみたいな盃を交わした。極道の家に生まれた者同士、一生ものの出会いだと確信しながら……。藍と長門が紡ぐ愛の物語も収録。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年3月17日14時00分

    ヤバい。好き。

    ROUGE最強だったけど、超えた。
    めっちゃハマる。

  • ゲスト

    2019年3月17日13時58分

    ROUGEから来ました

    ROUGEが読みたくて買ったら、何これ?何これ?
    こっちもハマるーーー!

  • ゲスト

    2018年5月27日10時56分

    綺麗で華奢な男の子が組を継いで極道になっていく話…ですが、何かイマイチでした。多分、若干現実的じゃない展開だからかなぁ。無理がある展開というか。

    エロシーンはさらっとしていて、薄い描写です。濃厚さはないかな。イラストは綺麗めだけど。

    やくざものをお求めなら、ちょっと期待外れかも。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品