シリーズ詳細

やれたかも委員会
作者
出版社電書バト
ジャンル青年
もしもあの時、勇気を出していたら…そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」ネットで話題のあの作品が待望の電子書籍化。note、cakesで発表された第1話~第8話を大幅加筆修正。さらに特別編「まるでクジラの胃袋のような長い廊下で」6pを描き下ろしで収録。(保坂和志さんとの対談記事は紙書籍のみの収録となります。ご注意ください。)

みんなのレビュー

  • こばち

    2018年1月28日17時12分

    中毒性があります

    アイディアのインパクトが強く思わず買ってしまいました。
    その強烈さゆえか2話、3話と読み進めていく内に少し退屈な感もあったんですが、さらに読み進めると満子女史の考察にじわじわきます。
    アイディアとくすぐったいアオハルのこまやかな描写に敬意を表し、☆4つ。

  • ゲスト

    2018年1月10日13時22分

    絵が好みで読みました。まだ全部は読破してませんが、ポイントが貯まったら購入していこうと思います。ちょっとお高く感じてしまうので時間はかかりそうです(笑)

  • ゲスト

    2018年1月10日07時38分

    面白い〜〜!

    つっこみどころは、沢山あって。
    手が届きそうで届かない、やれたのにー
    って思い。面白かった

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品